• なんでもかんでもまとめて相談

声 故人の意見は尊重されるのか

今回も弊所あてに寄せられた体験談やご意見をご紹介致します。皆様もぜひ、ご参考になさってください。

 

昔の話ですが、私の祖母は生前繰り返し「戒名は要らない。私が死んでも戒名は付けないで欲しい。」と言っていました。
生前の祖母はリウマチを患っており、手足が不自由だったので、その事が文書化(いわゆる遺言状)されていたかどうかは分かりません。
しかし、孫の私が何度も聞いていた事があるので、配偶者である祖父や子供達が知らなかったとは思えません。
けれども祖母が無くなると、祖父が「あの世に行って名前(戒名)が無いと困るだろう。」という事で戒名を付けてしまいました。
私は「本人が繰り返しお願いしていたことを守らなくて良いのだろうか?」と疑問を当時持ったものでした。
最近、いわゆる”終活”が一種のブームになっており、自分の死んだ後どうして欲しいという事をまとめたエンディングノートを書く人が
増えていると聞きます。しかし、せっかく書いてもそれが守られない事が多いという話を聞きました。
結局本人が望んでも、亡くなってしまうと主体が見送る側に移ってしまうからこういう事が起きるのでしょうか。
私は、もし自分の死後に望む事があり、それを伝えてあったならば、それは最後の願いだとして叶えて欲しいと思います。

相続・遺言体験談 多数公開中。

http://www.kanekogsj.com/

お問い合わせ

TEL (0985) 89-3998

FAX (0985) 89-3995

MAIL    yuigon@kanekogsj.com

営業時間

  平日 9:00〜18:00

(土日祝祭日を除く)

メール、ファックス24時間受付

事務所地図

かねこ行政書士事務所 地図

対応地域

宮崎市・都城市・延岡市・日南市・小林市・日向市・串間市・西都市・えびの市・三股町・高原町・国富町・綾町・高鍋町・新富町・西米良村・木城町・川南町・都農町・門川町・諸塚村・椎葉村・美郷町・高千穂町・日之影町・五ヶ瀬町

関係団体

提携専門家