• なんでもかんでもまとめて相談

声 遺言書がない限りは、、、

今回も弊所あてに寄せられた体験談やご意見をご紹介致します。皆様もぜひ、ご参考になさってください。

 

亡くなられる人にとってどんなに世話になった人でも、
遺言とういう形が無い限りは、世話をしてくれた人への、相続は血族の範囲以内です。

私の、母は8年間祖父の介護をしていましたが、
父の弟達は一度も、様子を見る事もなく、手伝う事もなくいたにもかかわらず、
相続での裁判では、「自分の父親だから当たり前のように、介護は手伝ったし、頻繁に様子を見に来ていた」
と証言していました。
母に、すべてを押しつけて、その夫である父が急逝した後、
「何でも相談に乗るよ」といいつつ、父の相続が祖父からの生前贈与だといい、
自分達の取り分の増額を要求しました。

母は、祖母も祖父も、そして父もお世話をしてきましたが、
そういった事はどんなに近所の色んな方が、裁判で証言してくださっても
法律で決められていた分としての形に歯科落ち着きません。

叔父達は、祖父からの相続が曖昧だった事をいいことに
すでに、それ以前に相続されていた分は隠して
自分達の主張を通しました。

それまで、一度もあった事もない、亡くなってしまっている叔父の子供達であるイトコまでも
裁判の証言に出て来ました。

兄が準備した弁護士は経験も浅く、
法曹界は、経験と年数が物を言う世界だと改めて思いました。

叔父側の弁護士は、叔父が勤めていた会社の弁護士で、
兄側の弁護士よりもはるかに経験豊かな人だった事もあります。
兄の弁護士は、できるだけ波風が立たないように、
条件を出すだけで、
裁判も不必要に長引いていました。
その間の、顧問費用もはっきり言って支払ったほどの仕事は、
していなかったとしか言えません。

弁護士さんをたてても、
テレビのドラマのように、自分から調べるなんていう事は
弁護士はしません。
相談しても、自分で資料は揃えてください。
そんな答えが、ほとんどでした。
面倒なことになる事は、できるだけ避けて
簡単に報酬が上がるように立ちまわっていたようにしか
いまは、感じられません。

相続すべき物がある場合、
相続させたい人がいる時は、
面倒でも、遺言を作る事は大切な事だと感じました。
そうでないと、全然知らない親戚に、多くの物を持っていかれてしまうことだってあると感じました。

相続・遺言体験談 多数公開中。

http://www.kanekogsj.com/

お問い合わせ

TEL (0985) 89-3998

FAX (0985) 89-3995

MAIL    yuigon@kanekogsj.com

営業時間

  平日 9:00〜18:00

(土日祝祭日を除く)

メール、ファックス24時間受付

事務所地図

かねこ行政書士事務所 地図

対応地域

宮崎市・都城市・延岡市・日南市・小林市・日向市・串間市・西都市・えびの市・三股町・高原町・国富町・綾町・高鍋町・新富町・西米良村・木城町・川南町・都農町・門川町・諸塚村・椎葉村・美郷町・高千穂町・日之影町・五ヶ瀬町

関係団体

提携専門家