• なんでもかんでもまとめて相談

声 おじいちゃんが亡くなって

今回も弊所あてに寄せられた体験談やご意見をご紹介致します。皆様もぜひ、ご参考になさってください。

 

私のお母さんの実家は普通のサラリーマンの家庭でした。

おじいちゃんが真面目な人で、無駄遣いをしなかったこと、よい場所に土地を持っていたこと、
そういうことから、おじいちゃんが亡くなって、遺産相続の話が浮上しました。

亡くなってからではなく、亡くなる前からって感じでした。

私は両親が早いうちに亡くなっており、
私のお母さんのお父さん、つまりおじいちゃんが亡くなると、
私にも遺産相続の権利があるとかで、
叔父さんや叔母さんとの話し合いに参加されられていました。

遺言はなく、おじいちゃんは認知症だったため、
遺言を書いてもらうわけにもいかず、法律に従って、
遺産を分配するという話でした。

しかし、いざおじいちゃんが亡くなってみると、
おじいちゃんと同居していた叔父さんが、同居しているのだから、
おじいちゃんの家と土地は自分たちの物で、
そして、貯金は法律通りの分配方法でもらうと言い始めました。

そこからが、大変でした。
仲がよかった叔父さんと叔母さん達だったのに、
話し合いの度に喧嘩をし、言い合いになり、
「昔、こういうことがあった」「あの時お兄ちゃん(おじさん)は酷かった」とか
これは遺産の話合いじゃないの?というような内容になってしまいます。

結局、家庭裁判所に持ち込み、1年後に決着をしました。
土地と家は叔父さんのものになり(土地と家と取り上げてしまうと、
住むところがなくなってしまい、無職のおじさん家族が生活するのに困るため)、
貯金の方に関しては、叔母さん達と私が多くもらうことになりました。

遺産相続で揉めたせいで、叔父さんと叔母さん達は、仲たがいしてしまい、
叔父さんとは、もう今では会うこともないです。
よくお正月やお盆やお彼岸に親戚で集まっていたのに、寂しいです。

遺言さえあったら、こんなことにならなかったのかな・・・と悲しい思いです。

相続・遺言体験談 多数公開中。

http://www.kanekogsj.com/

 


 

お問い合わせ

TEL (0985) 89-3998

FAX (0985) 89-3995

MAIL    yuigon@kanekogsj.com

営業時間

  平日 9:00〜18:00

(土日祝祭日を除く)

メール、ファックス24時間受付

事務所地図

かねこ行政書士事務所 地図

対応地域

宮崎市・都城市・延岡市・日南市・小林市・日向市・串間市・西都市・えびの市・三股町・高原町・国富町・綾町・高鍋町・新富町・西米良村・木城町・川南町・都農町・門川町・諸塚村・椎葉村・美郷町・高千穂町・日之影町・五ヶ瀬町

関係団体

提携専門家