• なんでもかんでもまとめて相談

声 うちでもまさか!相続トラブル

今回も弊所あてに寄せられた体験談やご意見をご紹介致します。皆様もぜひ、ご参考になさってください。

 

私の家では、正月やお盆の挨拶は、母方の祖父母の家にのみ訪問するのが習慣となっています。

それは数年前の残念な出来事のせいなんです。

その年、父方の祖母の妹さんが、心不全で亡くなったのです。
そのおばさんは、私達が小さい頃から、盆や正月に挨拶に行くと、
いろいろと可愛がって良くしてくれたものです。
おばさんは長年、糖尿病を患っていて、ずっと子供も授かりませんでした。

いよいよ、おばさんの一人暮らしが難しくなった頃には、
父の兄弟の次男のおじさん夫婦が、おばさんの衣食住の面倒を見るようになっていました。


テレビのワイドショーでよく見る、それは唐突に始まったのです。

亡くなったおばさんの法要で、久しぶりに集まった親戚の中に、四男のおじさんがいました。
このおじさん、若い頃は危ない人達と関わっていて、四十手前の今も根無し草なんです。
その四男のおじさんが、突然、おばさんの仏壇を継ぐ!と言い出したんです!

私は後日聞いたのですが、実は、おばさんの亡くなった旦那さんが、大きな土地を軍用地として国に貸していて、
おばさんにはかなり高額な遺産が残されていたそうなんです。
四男のおじさんは「おばさんには生前、世話になったから」だの、綺麗事を並べてましたが、
そんなの、親戚一同納得できませんでした。
でも、酒に酔った勢いで暴れる四男を誰も止められなかったんです。

その法要から半年の間、父にも誰の見方をするんだ?とか、兄弟からの電話が耐えませんでした。
父にとっては、実の兄弟が醜い争いをするなんて、辛く苦しかったろうと思います。
最終的にいろいろ調べてみると、仏壇の相続と遺産の取り分にはなんら関係がないということが判明し、
四男はあっという間に諦めましたが、その法要での一件以来、父は実家に近寄りたがりません。

実の血を分けた兄弟といえども、お金・利益が関わると、こんなにも儚いものなんだな、とか
おばさんが自分の遺産や死後について何か遺言書のようなものを遺していてくれたらな、と痛感する今日この頃です。

相続・遺言体験談 多数公開中。

http://www.kanekogsj.com/

お問い合わせ

TEL (0985) 89-3998

FAX (0985) 89-3995

MAIL    yuigon@kanekogsj.com

営業時間

  平日 9:00〜18:00

(土日祝祭日を除く)

メール、ファックス24時間受付

事務所地図

かねこ行政書士事務所 地図

対応地域

宮崎市・都城市・延岡市・日南市・小林市・日向市・串間市・西都市・えびの市・三股町・高原町・国富町・綾町・高鍋町・新富町・西米良村・木城町・川南町・都農町・門川町・諸塚村・椎葉村・美郷町・高千穂町・日之影町・五ヶ瀬町

関係団体

提携専門家