• なんでもかんでもまとめて相談

声 相続で承継するものは...

今回も弊所あてに寄せられた体験談やご意見をご紹介致します。皆様もぜひ、ご参考になさってください。

 


「<婚外子>戸籍法改正も検討 現状は記載義務付け」
ということだけど
相続は権利でもあるが義務の継承でもある
と思うのは私だけ?

必ずしも過去の時代の全ての家庭に当てはまる訳でもないし、現代では尚更現実にそぐわない事かもしれないけれど

相続して家屋敷や土地を受け継ぐのは、
同時にそこで働く人達の生活や地域の環境を守る為にそれを維持する義務を継承する事だと思うし、
親が亡くなった時、お葬式をして、会葬者に酒食を振る舞うのもお世話になった地域の人への恩返しの側面もあるからだと思う。

そういう諸々の義務を履行する事が嫡子には求められて来たからこそ、財産の相続も嫡子に対して認められて来たのだと思う。

だから「庶子」は何らの義務を履行する必要も無い分、本来は相続の権利は無いはずだけれど、庶子が幼少であったりした場合に生活に支障をきたしたりする事が内容、特別に「嫡子」の半分に限って「庶子」にも相続を認めたのだと思うのけれど…

 

相続・遺言体験談

http://www.kanekogsj.com/

お問い合わせ

TEL (0985) 89-3998

FAX (0985) 89-3995

MAIL    yuigon@kanekogsj.com

営業時間

  平日 9:00〜18:00

(土日祝祭日を除く)

メール、ファックス24時間受付

事務所地図

かねこ行政書士事務所 地図

対応地域

宮崎市・都城市・延岡市・日南市・小林市・日向市・串間市・西都市・えびの市・三股町・高原町・国富町・綾町・高鍋町・新富町・西米良村・木城町・川南町・都農町・門川町・諸塚村・椎葉村・美郷町・高千穂町・日之影町・五ヶ瀬町

関係団体

提携専門家