• なんでもかんでもまとめて相談

声 ひいおじいちゃんの相続問題

今回も弊所あてに寄せられた体験談やご意見をご紹介致します。皆様もぜひ、ご参考になさってください。

 

私の夫の家族のことです。
夫の祖父は、私と結婚する前に亡くなっていて、面識はありません。
夫の田舎は、同じ町の同じ地域に、曽祖父の時代からの土地や建物を、祖父の兄弟で分け合ったところに住んでいます。
昔ですから、きちんと書類上は文筆しているものでも、実際の使い方はなあなあで、どこからどこまでが誰の土地で…とわかっていませんでした。
祖父の時代は、みんな兄弟が仲良く、また従兄弟たちも仲が良かったため、いつか揉めるであろうとは、考えていなかったようです。
しかし、祖父の時代になんとなく、みんながわかっていたことも、祖父が亡くなり、祖父の兄弟も亡くなると、きちんと覚えているひとはいなくなってしまいました。
残された家族にとっては、書類上がすべてです。
もちろん、曽祖父が亡くなった時に、きちんと土地も相続ですでにわけていたのに、きちんと実際に使っていなかったために、混乱が起きてしまいました。
祖父の家の前の庭として使っていた土地が、実は祖父の長兄の名義であったり、建物は祖父名義なのに、土地はまだ曽祖父のものだったり…。
おかげで、現在、父は従兄弟と裁判にまで発展してしまいました。

ここがポイント!

お声を頂きありがとうございます。このお声にもあるように、問題はその代で解決しておくことが大切ですね。代を重ねれば重ねるほどややこしくなります。費用も時間も、更にこのお声のように裁判までなれば心の苦労も重なります。まさしく負の遺産です。しかし核家族化している今、その解決方法として遺産分割協議はなかなか難しくなっています。その遺産分割協議を飛び越えることが出来るのがゆいごん書です。負の遺産を残さないためにもゆいごん書が必要です。

 

宮崎県行政書士会宮崎支部

かねこ行政書士事務所

金子 聡

お問い合わせ

TEL (0985) 89-3998

FAX (0985) 89-3995

MAIL    yuigon@kanekogsj.com

営業時間

  平日 9:00〜18:00

(土日祝祭日を除く)

メール、ファックス24時間受付

事務所地図

かねこ行政書士事務所 地図

対応地域

宮崎市・都城市・延岡市・日南市・小林市・日向市・串間市・西都市・えびの市・三股町・高原町・国富町・綾町・高鍋町・新富町・西米良村・木城町・川南町・都農町・門川町・諸塚村・椎葉村・美郷町・高千穂町・日之影町・五ヶ瀬町

関係団体

提携専門家