• なんでもかんでもまとめて相談

声 突然の死で考えた遺言と相続

今回も弊所あてに寄せられた体験談やご意見をご紹介致します。皆様もぜひ、ご参考になさってください。

 

4年前、主人の会社行事ででかけていた時の話なのですが私の父が突然ゴルフ場で倒れてしまって意識不明の重体になったのです。
気が動転している母から電話がかかってきて「すぐ来て!」と。
駈けつけたくてもすぐにはたどり着きません。悲しくも車で来ていたわけではなく、大型バスで社員全員で出かけていたので自分たちだけで帰るわけにもいきません。
私も気が動転しながら父のいる病院へ行きました。

プレー中に行き成り倒れてしまってそのまま病院へ運ばれたそう。

たまたまゴルフ場と病院が近く、また救急車もすぐ駈けつけてくれたので意識を取り戻し、なんとか一命を取り留めたようです。

このまま亡くなってしまったら・・・。
そう思うとすごく怖いですね。

母には一命を取り留めた父にはきちんと遺言と相続だけはしていてくださいとお願いしました。

人間って突然何が起こるかわからないですし、特に家がとても離れている私たちにとって
都度様子を見に行くことが出来ないので両親にはお互い困らないようにしていてくださいとだけ、お願いしました。

ここがポイント!

お声をいただきありがとうございます。確かに人はいつ何があるかは分からないですよね。ですから遺言は保険と同じです。保険は事故があってからでは入れません。遺言も同じです。何かあってからでは書けませんし、例えば認知症などになれば、遺言を書いても意味がなくなる可能性だってあるのです。ですから、なるべくお元気な内に遺言を書いておく必要があるのです。ゆいごん書を書いたからといって亡くなるわけではありません。ゆいごん書は、もしものためのお守りなのです。

 

宮崎県行政書士会宮崎支部所属

かねこ行政書士事務所

金子 聡

お問い合わせ

TEL (0985) 89-3998

FAX (0985) 89-3995

MAIL    yuigon@kanekogsj.com

営業時間

  平日 9:00〜18:00

(土日祝祭日を除く)

メール、ファックス24時間受付

事務所地図

かねこ行政書士事務所 地図

対応地域

宮崎市・都城市・延岡市・日南市・小林市・日向市・串間市・西都市・えびの市・三股町・高原町・国富町・綾町・高鍋町・新富町・西米良村・木城町・川南町・都農町・門川町・諸塚村・椎葉村・美郷町・高千穂町・日之影町・五ヶ瀬町

関係団体

提携専門家