• なんでもかんでもまとめて相談

声 友人の相続放棄

今回も弊所あてに寄せられた体験談やご意見をご紹介致します。皆様もぜひ、ご参考になさってください。

 

私の友人の体験したお話です。

私の友人は大学生で父親が不動産関係の会社を経営されているらしいのですが、この父親がビジネスに失敗し多額の借金を背負って自殺しまったのだそうです。その友人としましては「父親の借金を背負わざるを得ない状況なのか?」とかなり心配していました。

しかし、彼の兄が法科大学院に通っていたらしく、債務関係に詳しい人だったようで、いわゆる「相続放棄」をしたらしいのです。これにより、その父親の債務はもとより遺産も友人たち兄弟が相続する必要はなくなったそうです。

私は後日その話を聞かされました。債務やら相続やらといった話は20代の私には関係ない話だと思っていましたが、そういった話を年齢の近い友人から聞き、いつ自分の身に降りかかるかわからないなと感じました。友人にはたまたま法律関係に詳しいお兄さんがいましたから何とかなりましたが、私の場合周囲にそういった人が居ないので、今のうちから最低限のことだけでも勉強しておくべきだなと感じました。

ここがポイント!

お声をいただきありがとうございます。確かに借金などの債務を相続するのは、とても怖いですよね。その場合には、このお声にもあるように相続放棄という手続きが必要です。そしてこの相続放棄には、亡くなったことを知ってから3か月以内という期限があります。また相続放棄で気をつけなければならないのは、次の順位の相続人に相続権が移る、つまり借金を背負ってしまうことです。このお声の場合ですと、お子様が相続放棄をすれば、直系尊属、その直系尊属がいなければ、亡くなったお父さんのご兄弟に相続権が移るということです。ですから、相続放棄をするときは次の順位の相続人も含めて相続放棄を行う必要があります。友人は良かったけど、亡くなった友人のお父さんの兄弟はびっくりといった場合もあるからです。

 

宮崎県行政書士会宮崎支部

かねこ行政書士事務所

金子 聡

お問い合わせ

TEL (0985) 89-3998

FAX (0985) 89-3995

MAIL    yuigon@kanekogsj.com

営業時間

  平日 9:00〜18:00

(土日祝祭日を除く)

メール、ファックス24時間受付

事務所地図

かねこ行政書士事務所 地図

対応地域

宮崎市・都城市・延岡市・日南市・小林市・日向市・串間市・西都市・えびの市・三股町・高原町・国富町・綾町・高鍋町・新富町・西米良村・木城町・川南町・都農町・門川町・諸塚村・椎葉村・美郷町・高千穂町・日之影町・五ヶ瀬町

関係団体

提携専門家