• なんでもかんでもまとめて相談

声 友人の遺産相続トラブル

今回も弊所あてに寄せられた体験談やご意見をご紹介致します。皆様もぜひ、ご参考になさってください。

 

遺産相続で友人Aがトラブルになった際の話です。Aは20代前半までは母、姉の3人で実家で暮らしていました。しかし、Aは転職で職場が遠くなってしまったため、一人暮らしを始めました。その1年後に母が亡くなり、実家には姉だけが住むという状態になりました。Aは数年間問題なく一人暮らしをしていましたが、ギャンブルで貯金が尽きて借金もしてしまいました。そこで、Aは実家を売って姉と折半をして借金を返そうと考えました。しかし、姉は実家に現在婚約者と同棲をしていて、実家を売ることには反対しました。さらにその姉はずっと実家に住んでいるから、この家は私のものだと主張しました。そこでAは弁護士に相談したところ、弟と姉が土地や家の所有権を争って裁判になるパターンが多いといわれました。逆に兄と妹の場合はあまり相続で問題にならないケースが多いと言われたそうです。その後、Aとその姉は和解が成立して、その姉が家を所有する代わりに、Aに対していくらか払うということになりました。

ここがポイント!

お声をいただきありがとうございます。確かにこのお声のように、相続財産の中に不動産があるとトラブルになるケースは多いですね。不動産、例えば家などは、リビングはお兄ちゃん、玄関は弟というわけにはいかないのです。ですから、そういった分けられないもの、分けにくいものがある場合は、どうするのか?を決めておくというのがとても大切になります。このお声のように、不動産を取得する代わりに代償金を支払うというケースも多くあります。しかし、同じくその代償金が支払えないというケースも多くあります。あなたの相続財産の中に不動産がある場合は、決めておくことつまりゆいごん書は必要不可欠ですよ。

 

宮崎県行政書士会宮崎支部

かねこ行政書士事務所

金子 聡

お問い合わせ

TEL (0985) 89-3998

FAX (0985) 89-3995

MAIL    yuigon@kanekogsj.com

営業時間

  平日 9:00〜18:00

(土日祝祭日を除く)

メール、ファックス24時間受付

事務所地図

かねこ行政書士事務所 地図

対応地域

宮崎市・都城市・延岡市・日南市・小林市・日向市・串間市・西都市・えびの市・三股町・高原町・国富町・綾町・高鍋町・新富町・西米良村・木城町・川南町・都農町・門川町・諸塚村・椎葉村・美郷町・高千穂町・日之影町・五ヶ瀬町

関係団体

提携専門家