• なんでもかんでもまとめて相談

声 53歳がんで亡くなった父の遺産

今回も弊所あてに寄せられた体験談やご意見をご紹介致します。皆様もぜひ、ご参考になさってください。

 

うちは決して裕福な家庭ではありませんでしたが、相続にまつわるお金の問題が少しありました。

預金等は母が管理していたので、貯金はあったかどうか定かではありませんが
私が学生の頃は、父があちこちでツケなどの借金をしていた後始末で、母は銀行から借りては返すなどの資金繰りに苦労していたようです。

父が肺ガンになり、余命数カ月と宣告されてから、治療は通院していたものの正社員として働いていけなくなり、収入もなくなり、医療費はかさむ一方でした。
母は契約社員で働いていましたが、かなりきつかったようで、離婚した方が補助がもらえるのでは?と言う話まで出て社会人になって1人暮らしをしていた私と弟は慌てて実家に行き家族会議になりました。

離婚せずに済む方法、それは私たち姉弟が毎月数万ずつ仕送りすることでした。
父は宣告から4年生きましたが、途中、大きな手術をするのに数十万貸したこともありました。

亡くなったものの、生命保険がまあまあの額で入ったようで、母にとりあえず、借金いくらあるかわからいけど銀行に全部返すように言いました。私は手術代の数十万だけ返してもらいました。弟もいくらか返してもらったと思います。

そして残りのお金は法事やら何やらで消えて行きました。

遺言状なども何もなかったですが、家族がそれぞれを思いやって納得して使ったのでもめ事にはなりませんでした。

負の遺産が処分できただけでも幸いだったと思います。

ここがポイント!

お声を頂きありがとうございます。ここで生命保険の話が出たので、生命保険金と相続についてお話させて頂きます。生命保険金は民法上の相続財産ではありません。ですから、遺産分割協議の対象となるものではありません。また相続放棄をしたからといって、生命保険金が受け取れないこともありません。ですから、相続においてその生命保険をどう使うかは、相続対策において非常に大切になります。弊所でも相続対策の基本は、「ゆいごん書」と「生命保険」だと考えます。「生命保険」と「ゆいごん書」どちらも大切ですよ。

 

宮崎県行政書士会宮崎支部

かねこ行政書士事務所

金子 聡

お問い合わせ

TEL (0985) 89-3998

FAX (0985) 89-3995

MAIL    yuigon@kanekogsj.com

営業時間

  平日 9:00〜18:00

(土日祝祭日を除く)

メール、ファックス24時間受付

事務所地図

かねこ行政書士事務所 地図

対応地域

宮崎市・都城市・延岡市・日南市・小林市・日向市・串間市・西都市・えびの市・三股町・高原町・国富町・綾町・高鍋町・新富町・西米良村・木城町・川南町・都農町・門川町・諸塚村・椎葉村・美郷町・高千穂町・日之影町・五ヶ瀬町

関係団体

提携専門家