• なんでもかんでもまとめて相談

声 生前の生活と遺産の区別

今回も弊所あてに寄せられた体験談やご意見をご紹介致します。皆様もぜひ、ご参考になさってください。

 

3年前、私の祖母が亡くなりました。
遺産相続で揉めるなんて、テレビの中の世界だけだと思っていたんですが、身近なことだったんですね。
私は孫なので、特に関係はないのですが、母からの話を聞いていると、なかなか難しい問題です。
母の兄弟は全部で5人、兄が一人と姉が3人、母は末っ子です。祖母は亡くなる10年ほど前から母と一緒に暮らしていました。
父は既に亡くなっていたので、祖母の面倒を母ひとりで見てきました。
母の兄は元々祖母が住んでいた家を継いで息子たちと住んでいましたが、祖母は母と住みたがったので母の兄も母に祖母の介護を任せていました。
母と暮らすと決まったときに祖母のお金の管理も母がすることになったそうです。
介護に必要な経費、食事代など祖母のお金を使っても問題ないと母は思っていたのですが、祖母が亡くなった後で母の兄が遺産の整理のためきちんと明細などを出してくれと言い出したのです。
何年も介護していた母はまさかそんな風に明細を求められるとも思わず、特に書類を保管してはおりませんでした。
今残っているお金を兄弟で割ろうと思っていたのに、そのように叔父に言われ、母もかなり怒っていました。
生前祖母が生きていくためのお金を母が使って介護するのはそんなに悪いことでしょうか。私もその話を聞くと悲しくなります。

ここがポイント!

お声を頂きありがとうございます。本当に悲しくなるような話が多いですね。しかし、こういった話が実に多いのが現実です。平成25年の司法統計によりますと、実に遺産分割でもめている金額の76%が5000万円以下です。お金持ちがもめているわけではないのです。普通の家庭が1番もめているのかもしれません。その遺産相続トラブルに有効なのがゆいごん書です。決めておくことがどれほど遺されたご家族にとってありがたいことかを実務をしていると痛感します。あなたの言葉が家族を救うことがあるのです。あなたもゆいごん書を書いてみませんか?

 

宮崎県行政書士会宮崎支部

かねこ行政書士事務所

金子 聡

お問い合わせ

TEL (0985) 89-3998

FAX (0985) 89-3995

MAIL    yuigon@kanekogsj.com

営業時間

  平日 9:00〜18:00

(土日祝祭日を除く)

メール、ファックス24時間受付

事務所地図

かねこ行政書士事務所 地図

対応地域

宮崎市・都城市・延岡市・日南市・小林市・日向市・串間市・西都市・えびの市・三股町・高原町・国富町・綾町・高鍋町・新富町・西米良村・木城町・川南町・都農町・門川町・諸塚村・椎葉村・美郷町・高千穂町・日之影町・五ヶ瀬町

関係団体

提携専門家