• なんでもかんでもまとめて相談

声 相続の大変さ

今回も弊所あてに寄せられた体験談やご意見をご紹介致します。皆様もぜひ、ご参考になさってください。

 

祖母が亡くなった時の実体験です。
祖母は貯金が趣味だったほど、お金を使うことが日常ではありませんでした。父には亡くなった時のために、この通帳にお金を入れてあると、通帳と印鑑の保管場所は知らせていたようですが。
実際に亡くなり、死亡届を市役所へ提出したあと、葬儀のために建て替えたお金を父が、下ろそうとする中で、口座が凍結し手いることが分かりました。
亡くなると、亡くなった祖母の名義の銀行口座は、財産分与が済むまで利用できないとのことでした。
すぐに、お金が必要だったため、相続人をすぐに集め、遺産分割の協議をして、口座の凍結を解除してもらったことを覚えています。

この経験から、必要になる葬儀代などは、事前に現金で手元に置いておく方が良いことが分かりました。皆さんも、口座が凍結することがあり得ることを想定して、対応してみて下さい。生前贈与してもらうのも一つのやり方になります。孫に贈与すれば、税金対策にもなりますので、専門家へ相談して損をしないようにしましょう。

ここがポイント!

お声を頂きありがとうございます。このお声にもあるように、預貯金口座はその人が亡くなったことが分かると凍結されて使えなくなります。このお声では遺産分割協議がまとまったから良かったものの、もしまとまらずにいたら大変ですよね。投稿者の方がおっしゃるように、事前に手元においておくというのもひとつですが、相続人の事前の引き出しによってトラブルになるケースもあることから、注意が必要です。当面に必要な費用などは、目的を明確にして準備されるか、生命保険などを利用できます。最近は早くおりるようですし、生命保険金は相続財産ではないため、遺産分割協議の必要もありません。

 

宮崎県行政書士会宮崎支部

かねこ行政書士事務所

金子 聡

お問い合わせ

TEL (0985) 89-3998

FAX (0985) 89-3995

MAIL    yuigon@kanekogsj.com

営業時間

  平日 9:00〜18:00

(土日祝祭日を除く)

メール、ファックス24時間受付

事務所地図

かねこ行政書士事務所 地図

対応地域

宮崎市・都城市・延岡市・日南市・小林市・日向市・串間市・西都市・えびの市・三股町・高原町・国富町・綾町・高鍋町・新富町・西米良村・木城町・川南町・都農町・門川町・諸塚村・椎葉村・美郷町・高千穂町・日之影町・五ヶ瀬町

関係団体

提携専門家