• なんでもかんでもまとめて相談

声 知識が必要です

今回も弊所あてに寄せられた体験談やご意見をご紹介致します。皆様もぜひ、ご参考になさってください。

 

もう10年以上前になりますが、母が亡くなった時のことです。

私には17歳上の兄がいます。父が山を持っていたおかげで私たち兄弟は、新興住宅地で割と広い土地をそれぞれ貰いました。父はもう20年程前に他界しています。

で、母が亡くなってしばらくしてから、隣に住む兄が、突然数枚の書類を持って署名と判を押すように言ってきました。何の書類か聞くとなんだかんだと怒鳴りつけてくるんです。当時、若かった私は結局言われるがままに判を押しました。財産は、結局なにひとつ貰わないまま、しかもどれくらいあったかも知らないままです。兄は、女性の私は土地を貰っただけでも十分だという考えだったんですよね。

歳をとっていろんなことがわかるようになった今、とても理不尽な思いになることがあります。友人達は、今からでも弁護士に頼めば遅くないとアドバイスしてくれますが、お隣ですし、関係を悪化させるのもなんだか面倒くさくて結局なにもしないままです。

こういう問題は、知識を持っている方が絶対有利ですのである程度の知識は勉強しておいた方がいいと痛感しています。

ここがポイント!

お声を頂きありがとうございます。確かに相続についての知識は、ある程度持っておかれた方がいいですね。経済学では有名な実験ですが、情報の非対称性があるとどうしてももめやすくなります。どれくらいあったのだろう?もっとあったんじゃないか?そんな風に訝ってしまうからです。相続においても、もっと遺産はあったんじゃないか?こんなに少ないのはおかしい!といった声をよく聞きます。まさしく情報の非対称性です。ですから相続トラブルは多くおこるのかもしれません。ですから相続について、情報の開示は大切です。それは所有者であるあなた自身が情報を開示することが一番分かりやすく、納得を得られやすいのです。その方法としてゆいごん書はおすすめです。

 

宮崎県行政書士会宮崎支部

かねこ行政書士事務所

金子 聡

お問い合わせ

TEL (0985) 89-3998

FAX (0985) 89-3995

MAIL    yuigon@kanekogsj.com

営業時間

  平日 9:00〜18:00

(土日祝祭日を除く)

メール、ファックス24時間受付

事務所地図

かねこ行政書士事務所 地図

対応地域

宮崎市・都城市・延岡市・日南市・小林市・日向市・串間市・西都市・えびの市・三股町・高原町・国富町・綾町・高鍋町・新富町・西米良村・木城町・川南町・都農町・門川町・諸塚村・椎葉村・美郷町・高千穂町・日之影町・五ヶ瀬町

関係団体

提携専門家