• なんでもかんでもまとめて相談

声 公正証書遺言のススメ

今回も弊所あてに寄せられた体験談やご意見をご紹介致します。皆様もぜひ、ご参考になさってください。

 

法学部で一応勉強したので、一般的なところはわかっているつもりなのですが、遺言や相続のことって意外と、いざ自分の身に起きてからでないと身近に感じないと言う人も多いのかなぁと思います。が、実はもっと早くから考えて置いた方が絶対良いと思います。
国の税制改正で、相続税がかかる人の割合も、おそらくぐっと増えているはずです。

相続税なんてかかるのは一部の超お金持ちでしょ?と思うかもしれませんが意外とそうでもないんです。都心で親が持ち家で、兄弟少なかったりするとかかってきちゃったりします。それも意外なほど多額で、時にはせっかく相続した家を売らねば払えなかったりするのです。
親が亡くなってバタバタしているところで、さらにそんな話を考えるのは大変です。しかも相続人が沢山いて揉めたりしたらもう、あっという間に泥沼化。嫌ですよね、相続で揉めるのってほんと、生々しいので。
で、そういう揉めそうなご家庭は、前もって遺言しといた方が安心かなと思いますが、遺言にも色々あるのです。遺言しといても、それを書き換えたり隠したりって話も本当にあるようなので、やっぱり安心なのは、公証役場で作る公正証書遺言かなと、思います。作成料がかかっちゃいますが、後の泥沼化を考えればありかなと、思います。

ここがポイント!

お声を頂きありがとうございます。この投稿者の方がおっしゃるように、遺言は全部で3種類あります。自分で書くタイプの自筆証書遺言、公証役場で作るタイプの秘密証書遺言と公正証書遺言の3種類です。保管やあとあとの面倒を考えると公正証書遺言がいいかと思います。公正証書遺言以外は、検認という手続きが必要ですし、保管に関しても他の2つの遺言と違い、原本は公証役場で保管されていますので安心できます。しかし当然ながら費用も掛かってしまいます。自筆証書遺言、秘密証書遺言、公正証書遺言それぞれにメリット、デメリットがありますので、あなたにはどの遺言のタイプがいいのか検討頂いていいかと思います。しかし大切なことは法的にも心にも有効なゆいごん書を書くことです。あなたもぜひゆいごん書を書いてください。

 

宮崎県行政書士会宮崎支部

かねこ行政書士事務所

金子 聡

お問い合わせ

TEL (0985) 89-3998

FAX (0985) 89-3995

MAIL    yuigon@kanekogsj.com

営業時間

  平日 9:00〜18:00

(土日祝祭日を除く)

メール、ファックス24時間受付

事務所地図

かねこ行政書士事務所 地図

対応地域

宮崎市・都城市・延岡市・日南市・小林市・日向市・串間市・西都市・えびの市・三股町・高原町・国富町・綾町・高鍋町・新富町・西米良村・木城町・川南町・都農町・門川町・諸塚村・椎葉村・美郷町・高千穂町・日之影町・五ヶ瀬町

関係団体

提携専門家