• なんでもかんでもまとめて相談

声 母方の祖父の相続トラブル

今回も弊所あてに寄せられた体験談やご意見をご紹介致します。皆様もぜひ、ご参考になさってください。

 

私がじかに体験した話ではないのですが、
母方の親戚のほうで、相続に関してちょっとごたごたしていたようです。

 祖父が数年前に亡くなったのですが、遺産相続を、同居していた長男にすべて譲ることになった、
と、長男である叔父本人が周りに言い渡して、はい終了となりました。

 当然周りは唖然としましたが、
その際の遺言などの有無はうやむやで、どういう経緯なのか、
祖父の遺志も確かめようもなく、
真相はやぶの中だといいます。

 祖父の財産はどのくらいだったのか知る由もありませんが、現金をすべてと、
広大な田や畑(これは一緒に農業をやっていた叔父が相続すべきとは思いますが)
がすべて叔父のものになりました。

 法律的には遺言がたとえあったとしても、兄弟には幾分かもらえる権利があるはずです。

 なので、他2人のきょうだいと祖母は納得いかず、弁護士に相談したり、
叔父とも再度交渉をしたようですが、まとまらず、話し合いは決裂してしまったそうです。

 自分も結婚していて、それぞれきょうだいもいるので、決して他人事と嗤うことはできません。

ここがポイント!

お声を頂きありがとうございます。なかなか叔父さんも強引ですね。この投稿者の方が「法律的には遺言がたとえあったとしても、兄弟には幾分かもらえる権利があるはずです。」と書いておられましたが、これがまさしく遺留分ですね。今回のケースでは法定相続分の半分が遺留分として認められるケースだと思います。また、「遺言などの有無はうやむやで、どういう経緯なのか、祖父の遺志も確かめようもなく、真相はやぶの中だといいます。」とありますが、これは遺言があればそれを実際に見せてもらう必要がありますね。公正証書遺言なら相続人であれば調べることはできますし、自筆証書遺言であれば家庭裁判所の検認が必要ですので、その際に相続人には通知がいくはずです。まずは、遺言の有無を確認することから始められるのが良いのではないでしょうか。

 

宮崎県行政書士会宮崎支部

かねこ行政書士事務所

金子 聡

お問い合わせ

TEL (0985) 89-3998

FAX (0985) 89-3995

MAIL    yuigon@kanekogsj.com

営業時間

  平日 9:00〜18:00

(土日祝祭日を除く)

メール、ファックス24時間受付

事務所地図

かねこ行政書士事務所 地図

対応地域

宮崎市・都城市・延岡市・日南市・小林市・日向市・串間市・西都市・えびの市・三股町・高原町・国富町・綾町・高鍋町・新富町・西米良村・木城町・川南町・都農町・門川町・諸塚村・椎葉村・美郷町・高千穂町・日之影町・五ヶ瀬町

関係団体

提携専門家