• なんでもかんでもまとめて相談

声 暗黙の了解がおこしたトラブル

今回も弊所あてに寄せられた体験談やご意見をご紹介致します。皆様もぜひ、ご参考になさってください。

 

私の同級生の話です。彼は3人兄弟で彼には兄と妹がいます。その彼の父が数年前に亡くなりました。すでに彼の母は亡くなっていたので、父の遺産相続は子どもたちで相続することになりました。さて、生前父親と同居していたのは、彼の家族でした。亡くなるまで、家でずっと介護していたのです。普段から、そんな彼を兄や妹は感謝していました。それで、父親も子どもたちの仲が良いので、それに安心したためか遺言状を残していませんでした。しかし、暗黙の了解として、彼が同居している家を相続し、兄と妹が父の預貯金を相続するということになっていました。
さて、いざ父が亡くなり、遺産相続の話し合いをしたときのことです。彼がその暗黙の了解である条件で遺産を相続することを提案しました。しかし、なんと兄がそれに反対しました。遺産を3等分してほしいと言い出したのです。後から分かったことですが、兄は当時営んでいた事業の資金繰りに苦しんでおり、すこしでも多く遺産が欲しいかったようです。結局、裁判沙汰になり、残念ながら兄弟の関係は疎遠になってしましました。

ここがポイント!

お声を頂きありがとうございます。どこかで聞いたような話ですね。暗黙の了解というのはあるかと思いますが、当事者であるうちの一人が亡くなっているといます。状況が変わっていますので、なかなかその暗黙の了解が上手くいかないのだと思います。ですからやはりゆいごん書は必要です。あなたにもゆいごん書は必要ですよ。

 

宮崎県行政書士会宮崎支部

かねこ行政書士事務所

金子 聡

お問い合わせ

TEL (0985) 89-3998

FAX (0985) 89-3995

MAIL    yuigon@kanekogsj.com

営業時間

  平日 9:00〜18:00

(土日祝祭日を除く)

メール、ファックス24時間受付

事務所地図

かねこ行政書士事務所 地図

対応地域

宮崎市・都城市・延岡市・日南市・小林市・日向市・串間市・西都市・えびの市・三股町・高原町・国富町・綾町・高鍋町・新富町・西米良村・木城町・川南町・都農町・門川町・諸塚村・椎葉村・美郷町・高千穂町・日之影町・五ヶ瀬町

関係団体

提携専門家