• なんでもかんでもまとめて相談

声 私は不動産を相続しました

今回も弊所あてに寄せられた体験談やご意見をご紹介致します。皆様もぜひ、ご参考になさってください。

 

資産家に生まれた場合、早い段階で相続について話し合っておいたほうが良いと思います。
うちの場合は、たまたま相続人の間での軋轢がなく、遺産分割協議がスムーズに進みましたが、
揉める相続人も多いと聞きますので、絶対に相続については早い段階で話し合っておくべきだと思います。
相続で一番難しいのは不動産の分割です。
流動資産ならば、相続人間で等分に分割することができますが、不動産はそういうわけにはいきません。
そのため不動産を相続する際には、そのバックグラウンドを合わせて相続することになります。
バックグラウンドと言うのは、ご近所付き合いであったり、親の介護であったり、
現金を相続する場合とは比較にならない、労力や責任を引き継ぐことになることでしょう。
財産を相続するというと、不労所得のような感じですが、不動産の場合は、それに伴う様々な負担を
考えると、相続を遠慮したくなる場合もあるかもしれません。
私は不動産を相続した立場ですので、責任をもっとその不動産を管理していくつもりです。

ここがポイント!

お声を頂きありがとうございます。確かに投稿者の方がおっしゃる通り、不動産の相続は難しいと思います。ですから最近では、遺言の中で不動産を換価(売却)処分してその換価金(売却代金)を分割するという方法を指定される方もいらっしゃいます。不動産を負動産と揶揄される昨今です。この投稿者の方がおっしゃる様に、不動産のような分けにくいものの相続にはゆいごん書は必要不可欠です。玄関は弟、リビングはお兄ちゃんというわけにはいきません。もしあなたが家や土地などの不動産をお持ちでしたらゆいごん書は必要ですよ。

 

宮崎県行政書士会宮崎支部

かねこ行政書士事務所

金子 聡

お問い合わせ

TEL (0985) 89-3998

FAX (0985) 89-3995

MAIL    yuigon@kanekogsj.com

営業時間

  平日 9:00〜18:00

(土日祝祭日を除く)

メール、ファックス24時間受付

事務所地図

かねこ行政書士事務所 地図

対応地域

宮崎市・都城市・延岡市・日南市・小林市・日向市・串間市・西都市・えびの市・三股町・高原町・国富町・綾町・高鍋町・新富町・西米良村・木城町・川南町・都農町・門川町・諸塚村・椎葉村・美郷町・高千穂町・日之影町・五ヶ瀬町

関係団体

提携専門家