• なんでもかんでもまとめて相談

声 死に方について

今回も弊所あてに寄せられた体験談やご意見をご紹介致します。皆様もぜひ、ご参考になさってください。

 

先日、自営業で肥育農家をやっている友達と話しをしていたとき、たまたま相続の話になりました。その友達は昨年母親を病気で亡くしており、父親も高齢である為、今から各種の名義変更などをやっておかないと、父親が亡くなったときの相続税がかなりの負担になるので、今のうちから少しずつやっているそうです。
ちょうどその時に、相続税の改正が行なわれるということで、ニュースでやっていたこともあり、気になったので、自分の様なサラリーマンの父と専業主婦の母の家にはあんまり関係がないと思いつつも聞いてみました。
すると、そもそも相続税が問題になってくるのは、資産などを持っている人が対象で、ウチにはそんなものは無いということで全く気にすることではないということが分かりました。
しかしそんな話の中から、普段話をすることがない様な、死にそうになったら延命治療などしなくていいということや死んだらお墓や仏壇など要らないということ等を母親と話をすることができ、良い機会になったと思います。
現在は昔に比べて生き方が多様になったと言われますが、これからは同じ様に死に方も多様になってくるのではないでしょうか。そういうことを一度親と話してみるのもとても良いことかなと思います。

ここがポイント!

お声を頂きありがとうございます。「多様性」この言葉が言われて久しいですが、今は投稿者の方がおっしゃる通り「死に方」も選べる時代となってきました。自分の最期をどうやって過ごすか、亡くなった後のことはどうするか?こんな事を考えられるのも平和な時代のおかげだなと思います。戦争などあれば、そんな余裕もそんな事を考えてもあまり意味がなかったかもしれませんね。戦後70年たち、「死」について本気で考える時代になったのかもしれませんね。

 

宮崎県行政書士会宮崎支部

かねこ行政書士事務所

金子 聡

お問い合わせ

TEL (0985) 89-3998

FAX (0985) 89-3995

MAIL    yuigon@kanekogsj.com

営業時間

  平日 9:00〜18:00

(土日祝祭日を除く)

メール、ファックス24時間受付

事務所地図

かねこ行政書士事務所 地図

対応地域

宮崎市・都城市・延岡市・日南市・小林市・日向市・串間市・西都市・えびの市・三股町・高原町・国富町・綾町・高鍋町・新富町・西米良村・木城町・川南町・都農町・門川町・諸塚村・椎葉村・美郷町・高千穂町・日之影町・五ヶ瀬町

関係団体

提携専門家