• なんでもかんでもまとめて相談

声 人の本質が見えた相続

今回も弊所あてに寄せられた体験談やご意見をご紹介致します。皆様もぜひ、ご参考になさってください。

 

相続が開始するということは、そこに誰かの死が絡んでいるということですね。
それは本当は悲しい出来事のはずであるのに、実際にはそのあとの相続などでもめるというケースも多いです。
私の家もそうでした。
曾祖父が96歳で亡くなりました。
大往生ということもあり、悲しくもありましたがお疲れ様という気持ちも強かったということを覚えています。

葬儀も終わり、みんなが少し疲れ気味のときに親戚の叔母が遺産について話を始めました。
みんなはそこまで頭が回っていないときだったというのもあり、疲れもあったので後にしようと別の叔母がたしなめたのですが
まるで叔母は人が変わってしまったかのように遺産にこだわっていました。

そしてみんながうんざりしている中、叔母は介護にはだれが関わっていないだの、
病院への送り迎えのガソリン代などの話を始め、結局は自分が一番もらうべきだと言い始めたのです。

実の親が亡くなって悲しいうちからそのような話をしだす叔母に少しひいてしまいました。
やはりお金というものは人を変えてしまうものだと思いました。

ここがポイント!

お声をいただきありがとうございます。確かに投稿者の方がおっしゃる通りですね。このケースでも、遺言があればこういった事にはならなかったのではと思います。自分のモノやコトの行く先を決めておく。これはとても大切なことだと思います。備えあれば患いなしとも言います。あなたのゆいごん書が残された家族を救うことがあるのです。あなたもゆいごん書を書いてみませんか?

 

宮崎県行政書士会宮崎支部

かねこ行政書士事務所

金子 聡

お問い合わせ

TEL (0985) 89-3998

FAX (0985) 89-3995

MAIL    yuigon@kanekogsj.com

営業時間

  平日 9:00〜18:00

(土日祝祭日を除く)

メール、ファックス24時間受付

事務所地図

かねこ行政書士事務所 地図

対応地域

宮崎市・都城市・延岡市・日南市・小林市・日向市・串間市・西都市・えびの市・三股町・高原町・国富町・綾町・高鍋町・新富町・西米良村・木城町・川南町・都農町・門川町・諸塚村・椎葉村・美郷町・高千穂町・日之影町・五ヶ瀬町

関係団体

提携専門家