• なんでもかんでもまとめて相談

声 相続手続きと遺言書

今回も弊所あてに寄せられた体験談やご意見をご紹介致します。皆様もぜひ、ご参考になさってください。

 

私の友達に、家のローンの支払いのために何度も転職を繰り返しながら仕事を続けている人がいる。最近は脚も痛むようだが、毎月のローン返済のために仕事を辞めるわけにはいかないようだ。しかし、実は家のローンを完済してもまだ残るほどの額が記帳された通帳を持っている。それは、亡くなった義祖母が残したもので、長男の息子である友達のご主人が相続するべきものなのだが、引き出すことが出来ない。
 何故かというと、義祖母が亡くなった時点で銀行がその口座を凍結してしまったので、所定の手続きを取らないと引き出しも何も出来ないのだ。遺言もなかったので、ご主人と叔父、叔母何人かが相続人になった。いざ手続きを取ろうとしたところ、相続人のひとりの所在が不明で、未だに連絡が取れないため手続きが完了出来ていないそうだ。義祖母が他界して10年近く経つようだが、このままではどうなるのだろうと言いながら、友達は毎日仕事を頑張っている。生前に遺産をもらっていたら、今頃もっと楽に生活できていたろうに、と他人事ながらつい思ってしまう。

ここがポイント!

お声を頂きありがとうございます。この方おっしゃる通り、その人が亡くなるとその人の口座は凍結されます。それを解除するには、遺言書がない場合は遺産分割協議が必要になります。そしてその遺産分割協議が困難なケースがこの声のようなケースです。だからこそ、遺言書が必要になりますね。また現在では、相続人のひとりが認知症になってしまった場合などもよく問題として取り上げられますよ。この声のケースでは、家庭裁判所に不在者財産管理人の選任の申し立てをするのがいいのかなと思います。また認知症になってしまった場合などでは、法定後見人を選任してもらわないといけないなど手続きが煩雑になります。だからこそ、何度も申しあげますが、いろんな意味で遺言書を書いておくことが大切になってくると思いますよ。


宮崎県行政書士会宮崎支部所属

かねこ行政書士事務所

金子 聡

お問い合わせ

TEL (0985) 89-3998

FAX (0985) 89-3995

MAIL    yuigon@kanekogsj.com

営業時間

  平日 9:00〜18:00

(土日祝祭日を除く)

メール、ファックス24時間受付

事務所地図

かねこ行政書士事務所 地図

対応地域

宮崎市・都城市・延岡市・日南市・小林市・日向市・串間市・西都市・えびの市・三股町・高原町・国富町・綾町・高鍋町・新富町・西米良村・木城町・川南町・都農町・門川町・諸塚村・椎葉村・美郷町・高千穂町・日之影町・五ヶ瀬町

関係団体

提携専門家