• なんでもかんでもまとめて相談

声 遺言を残す大切さ

今回も弊所あてに寄せられた体験談やご意見をご紹介致します。皆様もぜひ、ご参考になさってください。

 

私の会社の同僚の話です。彼は二人兄弟で、兄が一人います。先日、彼の父親が亡くなりました。父親は昨年、脳卒中で倒れ、ほぼ寝たきりの状態になってしまいました。それで、彼の家族が父の介護をするために、家に引き取り、亡くなるまでお世話をしました。すでに彼の母は数年前に他界しています。彼の父の遺産は、都内に狭いながらも1戸建てがありました。しかし、父親は遺言状を残さず、他界してしまいました。それで、今、遺産相続の問題が起こっています。
問題の要因は、その同僚とその兄の関係が良くないことにあります。昔から、性格が合わなかったことや、父親の介護に関しても、兄家族はほとんど何もせず、弟家族にまかせっきりだったということもあります。しかし、遺言状がない今、同僚にとっては不公平に感じてしまいますが、兄と遺産を分け合わなければいけません。
このことから、遺言状をきちんと残しておくことは非常に重要だと思いました。私の父は幸い、元気ですが、今から準備してもらうように伝えたいと思いました。

ここがポイント!

お声を頂きありがとうございます。この方のおっしゃる通り、僕ら世代が親に遺言書を遺しておいてくれと伝えるべきなのかもしれませんね。法律にのっとって、遺言書で親の意思が示されていたとしたら、そこにはもしかすると多少の心のわだかまりがあることもあるかもしれませんが、納得しやすいと思うのです。だからこそ、お父さんが決めたことだから、お母さんが決めたことだからというのが、非常に大切なんだとおもいますよ。遺産分割協議でトラブルになると、時間と労力を多大に消費します。お子さんのことを思うなら、ご家族のことを思うなら遺言書は必要ですよ!


宮崎県行政書士会宮崎支部

かねこ行政書士事務所

金子 聡

お問い合わせ

TEL (0985) 89-3998

FAX (0985) 89-3995

MAIL    yuigon@kanekogsj.com

営業時間

  平日 9:00〜18:00

(土日祝祭日を除く)

メール、ファックス24時間受付

事務所地図

かねこ行政書士事務所 地図

対応地域

宮崎市・都城市・延岡市・日南市・小林市・日向市・串間市・西都市・えびの市・三股町・高原町・国富町・綾町・高鍋町・新富町・西米良村・木城町・川南町・都農町・門川町・諸塚村・椎葉村・美郷町・高千穂町・日之影町・五ヶ瀬町

関係団体

提携専門家