• なんでもかんでもまとめて相談

声 相続放棄が招いた問題

今回も弊所あてに寄せられた体験談やご意見をご紹介致します。皆様もぜひ、ご参考になさってください。

 

私の親戚の方の話です。その方は今70代の女性です。仮にAさんとします。数年前に、ご主人を亡くしました。いずれ、子どもたちが相続するのだからということで、家や土地をすべて長男に相続させました。そこまでは、よくある話です。しかし、それから間もなく長男が事故で急に他界しました。それから、その不動産は長男の嫁が相続しました。それからが問題です。
以前から、嫁姑の関係がギクシャクしていたことが発端となり、嫁が急にAさんに家を出て行くようにと言うようになりました。結局Aさんは家を出て、今は市営住宅でひとり暮らししています。Aさんは弁護士にも相談に行ったようですが、やはり相続してしまったものを取り戻すことはできない旨を言われ、どうすることもできない状態です。
良かれと思ってやった相続放棄が、まさかこんな悲劇になるとは思いもよらなかったと嘆いてます。相続放棄する前に、様々な状況を考え、周りにも相談することがやはり大切なのだと思います。

ここがポイント!

お声を頂きありがとうございます。この方のおっしゃるように、相続ではさまざまケースを想定しておくことが大切ですね。何を大切にするかを考えなければなりませんでした。このケースではAさんのご存命中は、Aさんが安心して暮らせる家を確保することが大切ですよね。そうすると、家の名義変更はAさんにしておくべきだったと思います。その上でご長男さんに相続させたいのであれば、Aさんが遺言を書くべきだったのです。このケースのように、ご両親より先にお子様がお亡くなりになるケースもあります。そういった場合はどうするのか?この場合は、僕なら「信託」を使いますね。信託はかなり融通のきく制度なので使い方次第では、非常にお役にたてるとおもいますよ。ですから相続に関することは専門家に相談してください。あとあと後悔しないためにも。


宮崎県行政書士会宮崎支部

かねこ行政書士事務所

金子 聡

お問い合わせ

TEL (0985) 89-3998

FAX (0985) 89-3995

MAIL    yuigon@kanekogsj.com

営業時間

  平日 9:00〜18:00

(土日祝祭日を除く)

メール、ファックス24時間受付

事務所地図

かねこ行政書士事務所 地図

対応地域

宮崎市・都城市・延岡市・日南市・小林市・日向市・串間市・西都市・えびの市・三股町・高原町・国富町・綾町・高鍋町・新富町・西米良村・木城町・川南町・都農町・門川町・諸塚村・椎葉村・美郷町・高千穂町・日之影町・五ヶ瀬町

関係団体

提携専門家