• なんでもかんでもまとめて相談

声 生前贈与

今回も弊所あてに寄せられた体験談やご意見をご紹介致します。皆様もぜひ、ご参考になさってください。

 

父が他界する1年前に生前贈与と言うのでしょうか?名義を父から自分に変更しました。
父は、一人で暮らすのが次第に大変になり、近所の人はもう無理ですと言い出しました。
近所の人達は出来るだけ注意していますけれど焚火をするし、自転車に乗って転倒するし、火災、自動車事故等々が心配だと言うのです。
父に、施設に入るように説得しましたけれど、施設の方針が嫌でどうしても気に入らず、自分の行為が原因で自宅で死んでも構わないから自宅で一人暮らしを続けると言うのです。
自分は近所の人達の意見もあるし、子供としてなんとかしなければと考えました。
幸いに自分の家からはJRで二駅しか離れていないので、会社に通勤するにしても父の家からでも可能でした。
そこで主に父の家にいる時間を多くするために、父の家から通勤することにしました。
父の家と言っても既に名義変更をした後ですから、名義上は自分の家でした。
会社の通勤手当を支給する関係で自宅住所からが原則になっています。
この通勤手当の関係で住所を父の家に移動しました。
その2年後に父は他界しました。
その家は3月後に売却しました。
兄弟は4人いましたけれど、この家の処分については生前贈与であったことを告げてなにも異論は出ませんでした。
驚いたことに、売却した時の課税で、自分が住んでいた住宅の売却の際は一定の売却額まで譲渡税は免除されることになっていました。
本当に父の最後の数年しか世話をしなかったのに、思わぬ優遇を受けた次第です。
住んでいたことを証明するのは、郵便物がその住所で自分宛てになっているかが一つの証明だそうです。

お問い合わせ

TEL (0985) 89-3998

FAX (0985) 89-3995

MAIL    yuigon@kanekogsj.com

営業時間

  平日 9:00〜18:00

(土日祝祭日を除く)

メール、ファックス24時間受付

事務所地図

かねこ行政書士事務所 地図

対応地域

宮崎市・都城市・延岡市・日南市・小林市・日向市・串間市・西都市・えびの市・三股町・高原町・国富町・綾町・高鍋町・新富町・西米良村・木城町・川南町・都農町・門川町・諸塚村・椎葉村・美郷町・高千穂町・日之影町・五ヶ瀬町

関係団体

提携専門家