• なんでもかんでもまとめて相談

声 遺言書は書いておきましょう

今回も弊所あてに寄せられた体験談やご意見をご紹介致します。皆様もぜひ、ご参考になさってください。

 

お年をめした皆さんに言いたいことは、どんなに資産が少ないからといって遺言書を書かないということは残された人達に無駄な労力をかけることになってしまいますので必ず書いておいていただきたいところです。というのも、私自身の体験からそのようなことを言っているのです。数年前のこと同居していた爺さんが急に倒れて亡くなってしまったことに事を発したのです。亡くなった爺さんは別にお金持ちでもなんでもなく普通にサラリーマンをしてきて普通に年金暮らしをしていたいたって普通のお爺さんでした。お爺さんも自分がそんなに遺産ももっていないと感じていたでしょうから遺言書なんて入らないと思っていたのでしょうね。お爺さんの葬式が終わって、遺言書がないなか遺産相続の話に親戚と話し合っていると現金は等分にすると簡単に決着がつくのですが、物件に関してどうするのかということでトラブルになり、中の良かった親戚とはもう絶縁状態となってしまったのです。ぜったいに皆さんには同じ思いをしてもらいたいくないのです。

ここがポイント!

お声を頂きありがとうございます。この方のおっしゃるように、相続トラブルは財産のあるなしではありません。実際に最高裁判所から発表されている統計例をとってみても、相続財産1000万円以下で全体の30%強、5000万円以下で全体の40%強、実に全体の4分の3が相続財産が5000万円以下での相続トラブルとなっています。そのトラブル対策には、やはりゆいごん書が有効です。決められないことを決めることができるのは、財産の名義人です。ご家族を思うなら。妻や子供のことを考えたなら。ゆいごん書は必要ですよ。

 

宮崎県行政書士会宮崎支部

かねこ行政書士事務所

金子 聡

お問い合わせ

TEL (0985) 89-3998

FAX (0985) 89-3995

MAIL    yuigon@kanekogsj.com

営業時間

  平日 9:00〜18:00

(土日祝祭日を除く)

メール、ファックス24時間受付

事務所地図

かねこ行政書士事務所 地図

対応地域

宮崎市・都城市・延岡市・日南市・小林市・日向市・串間市・西都市・えびの市・三股町・高原町・国富町・綾町・高鍋町・新富町・西米良村・木城町・川南町・都農町・門川町・諸塚村・椎葉村・美郷町・高千穂町・日之影町・五ヶ瀬町

関係団体

提携専門家