• なんでもかんでもまとめて相談

相続トラブルは予防できます

おはようございます。今日もいいお天気ですね。昨日は突然の雷雨で、事務所前のチラシも無残な姿に、、、旗も倒れていたそうで、優しい隣の店舗の方が直してくださっていました。ありがとうございます。


仕事柄データをみる機会が多いのですが、改めて日本の少子高齢化社会の進行には驚かされます。死亡者数はこれから2040年をピークにどんどん増加し、なんと出生数の2.5倍にも達するそうです。亡くなる方が増えるということは、そこにはなんらかの相続が発生していることになります。昭和22年の民法改正以来、家督相続は廃止されました。兄弟姉妹の相続分が等しくなり、さらに核家族化が進行してそれぞれが権利を主張します。当然相続トラブルは増えているのは、ごく自然な現象なのかもしれません。事実相続トラブルは増加の一途をたどっています。家庭裁判所に持ち込まれる相続に関する相談件数は2012年で年間17.4万件、2000年と比較すると、実に2倍の数字です。相続トラブルはもはや他人事ではないのです。先日も書きましたが、相続トラブルは兄弟姉妹間が1番多いのだそうです。実務においても両親のどちらか健在の場合は、相続トラブルには至らないケースが多いと思います。しかし両親という重しが外れた途端、トラブルになるのです。うちの子は大丈夫だとは言い切れますか。そして、その相続トラブルの予防に大切なのが、ちゃんとした相続手続きであり遺言なのです。あなたのご両親は遺言を書かれていますか。ご兄弟のうちで、亡くなられた方がいらっしゃれば、代襲相続がでてきます。兄弟の子供たちと相続について協議しなければなりません。

遺産分割協議は0か100かです。相続人が1人でもかけたり、反対すれば成立しないのです。そこには多くの時間と労力を必要とします。遺言のメリットはその遺産分割協議を省略できることです。遺産分割協議がまとまりにくい現在、この遺言はとても大切な予防策なのです。弊所は行政書士、FPの観点から失敗しない遺言のポイントをコンサルティングしています。ご相談は無料です。あなたが相続トラブルに巻き込まれないためにも、身近な方に遺言を勧めてください。相続トラブルは予防できるのです。兄弟姉妹と遺産分割協議したくないという方は、ご両親に遺言を勧めてください。相続には知識と対策が必要なのです。


では本日も通常通り営業致します。よろしくお願い致します。


かねこ行政書士事務所

金子 聡

お問い合わせ

TEL (0985) 89-3998

FAX (0985) 89-3995

MAIL    yuigon@kanekogsj.com

営業時間

  平日 9:00〜18:00

(土日祝祭日を除く)

メール、ファックス24時間受付

事務所地図

かねこ行政書士事務所 地図

対応地域

宮崎市・都城市・延岡市・日南市・小林市・日向市・串間市・西都市・えびの市・三股町・高原町・国富町・綾町・高鍋町・新富町・西米良村・木城町・川南町・都農町・門川町・諸塚村・椎葉村・美郷町・高千穂町・日之影町・五ヶ瀬町

関係団体

宮崎県中小企業家同友会
宮崎県中小企業家同友会

提携専門家