• なんでもかんでもまとめて相談

遺言の効力・期間

今回は、こちらもよくあるご質問です。遺言書の効力・期間ってどうなの?についてお話しさせていただきます。まず遺言書の期間についてですが、一番新しい遺言書が有効だとされています。公正証書遺言の回に少しお話しさせていただきましたが、公正証書遺言の後に、自筆証書遺言を新しく作成した場合、新しい自筆証書遺言が有効になります。遺言の種類によってではなく、あなたの最終意思が尊重されているのです。

また遺言書の効力についてですが、大きな効力を持っています。遺言書があれば、「形式の不備」や「遺留分の侵害」などがなければ、遺言書の内容通りに遺産は分配されます。遺言書がない場合、相続人間で遺産分割協議をしなければなりません。これには、相続人全員の同意が必要です。多くの相続トラブルはこの遺産分割協議の不成立が原因です。まあ普通に考えてそこそこ大きな金額が動くのに、全員の同意って難しいのは容易に想像できます。これは実務においても痛感するところです。僕の遺言を残してほしいという思いの原因の1つでもあります。ご家族が、争わないで済むように。。。

しかし遺言書があった場合でも、相続人全員の同意があれば、遺言内容と違う相続配分をすることができます。こういったケースは同意があるのでトラブルにはなりにくいです。あなたの意思を残して置くことがいかに、ご家族やご自身の為であるかを知って頂ければ幸いです。

プロにまかせて安心!!

お問い合わせ

TEL (0985) 89-3998

FAX (0985) 89-3995

MAIL    yuigon@kanekogsj.com

営業時間

  平日 9:00〜18:00

(土日祝祭日を除く)

メール、ファックス24時間受付

事務所地図

かねこ行政書士事務所 地図

対応地域

宮崎市・都城市・延岡市・日南市・小林市・日向市・串間市・西都市・えびの市・三股町・高原町・国富町・綾町・高鍋町・新富町・西米良村・木城町・川南町・都農町・門川町・諸塚村・椎葉村・美郷町・高千穂町・日之影町・五ヶ瀬町

関係団体

宮崎県中小企業家同友会
宮崎県中小企業家同友会

提携専門家