• なんでもかんでもまとめて相談

遺留分の放棄

遺留分は必ずしも請求しなければいけないものではありません。遺留分は権利なので、それを行使するか否かはあなた次第なのです。そして遺留分は、相続開始前に放棄することが出来ます。これに対し、相続放棄は事前には出来ません。

では遺留分の放棄はどの様な手続きをとるのでしょうか?

相続開始前に遺留分の放棄をするには、家庭裁判所の許可が必要です。また、家庭裁判所には遺留分放棄の許可基準もあります。

  • 遺留分を放棄する本人の自由意思に基づくものであること
  • 遺留分を放棄する理由に合理性(必要性・整合性)があること
  • 代償性があること(遺留分の放棄と引き換えに贈与などがあること)

相続は大きな出来事なので、裁判所もその本人意思をしっかり確認するということでしょうか。

遺留分放棄の申し立て先は、被相続人の住所地を管轄する家庭裁判所で、推定相続人が申し立てます。遺留分放棄許可の申し立てに必要な書類は以下の通りです。

  • 遺留分放棄許可の申立書
  • 申立人の戸籍謄本
  • 被相続人の戸籍謄本
  • 財産目録

遺留分放棄許可の申立書には、合理的な理由を書く必要があります。また遺留分放棄の代償として、贈与が確実に行なわれるとは言えない場合には、認められないこともありますので注意してください。 

プロにまかせて安心!!

お問い合わせ

TEL (0985) 89-3998

FAX (0985) 89-3995

MAIL    yuigon@kanekogsj.com

営業時間

  平日 9:00〜18:00

(土日祝祭日を除く)

メール、ファックス24時間受付

事務所地図

かねこ行政書士事務所 地図

対応地域

宮崎市・都城市・延岡市・日南市・小林市・日向市・串間市・西都市・えびの市・三股町・高原町・国富町・綾町・高鍋町・新富町・西米良村・木城町・川南町・都農町・門川町・諸塚村・椎葉村・美郷町・高千穂町・日之影町・五ヶ瀬町

関係団体

宮崎県中小企業家同友会
宮崎県中小企業家同友会

提携専門家