• なんでもかんでもまとめて相談

遺留分とは No.2

ご存知の方も多いかもしれませんが、この遺留分は、被相続人(亡くなった方)の配偶者・子供・尊属(父・母)だけに認められています。法定相続人としてほかに兄弟姉妹がありますが、この兄弟姉妹には遺留分はありません。

そして、この遺留分には時効があるのをご存知ですか?

遺留分の減殺請求権は、相続の開始及び遺留分減殺請求の対象となる贈与や遺贈があったことを知った時から1年、または相続の開始から10年経てば、時効にかかり権利は消滅します。よく聞くケースですが、旦那さまが亡くなられて1年経てば、「愛人に全部譲る」の遺言に対抗できなくなるのです(奥様が旦那さんの死亡を知らない場合は除く)。ゆえに、遺留分の請求(遺留分減殺請求)はお早目になされることが大切です。一般的には内容証明郵便により、相手方(この場合、愛人)に請求するのが一般的なやり方です。内容証明郵便は相手・自分・郵便局と同じものを各1通ずつ保管する非常に証拠能力の高いものです。少し料金はかかりますが、お勧めです。 

お問い合わせ

TEL (0985) 89-3998

FAX (0985) 89-3995

MAIL    yuigon@kanekogsj.com

営業時間

  平日 9:00〜18:00

(土日祝祭日を除く)

メール、ファックス24時間受付

事務所地図

かねこ行政書士事務所 地図

対応地域

宮崎市・都城市・延岡市・日南市・小林市・日向市・串間市・西都市・えびの市・三股町・高原町・国富町・綾町・高鍋町・新富町・西米良村・木城町・川南町・都農町・門川町・諸塚村・椎葉村・美郷町・高千穂町・日之影町・五ヶ瀬町

関係団体

宮崎県中小企業家同友会
宮崎県中小企業家同友会

提携専門家