• なんでもかんでもまとめて相談

相続放棄の期限が迫っている場合

相続放棄、限定承認には自分が相続人になった事をを知った日から3か月以内に行なわなければならないという、期間が定められています。この3か月を熟慮期間といい、つまりこの間にしっかり考えなさいということです。そして、相続放棄、限定承認は一度行なったら撤回する事は出来ません。ころころ変わってしまっては、他の相続人に不利益を及ぼし、迷惑をかけるからです。しかしそうはいっても、3か月間の熟慮期間の期限が迫っても、遺産がどの位あるのか分からない事や、債務の額も不明だったりして、どの方法をとればいいのかなかなか決められない場合もあります。

そのような場合には、ぜひ「相続の承認または放棄の期間伸長を求める審判」を家庭裁判所に申し立てしましょう。申し立ては、被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所です。平成○年○月○日迄、期間を伸長してもらいたいとの記載が出来るので、利用価値は高いです。この申し立ては自分の期間だけでなく、他の相続人の熟慮期間を伸長したい場合にも行うことが出来ます。

以下に必要な書類を明記しておきますので、ご参考になさってください。

・相続の承認又は放棄の期間伸長申立書

・申立人の戸籍謄本

・被相続人の戸籍謄本・除籍謄本・改正原戸籍謄本、住民票除票または戸籍附票 

プロにまかせて安心!!

お問い合わせ

TEL (0985) 89-3998

FAX (0985) 89-3995

MAIL    yuigon@kanekogsj.com

営業時間

  平日 9:00〜18:00

(土日祝祭日を除く)

メール、ファックス24時間受付

事務所地図

かねこ行政書士事務所 地図

対応地域

宮崎市・都城市・延岡市・日南市・小林市・日向市・串間市・西都市・えびの市・三股町・高原町・国富町・綾町・高鍋町・新富町・西米良村・木城町・川南町・都農町・門川町・諸塚村・椎葉村・美郷町・高千穂町・日之影町・五ヶ瀬町

関係団体

宮崎県中小企業家同友会
宮崎県中小企業家同友会

提携専門家