• なんでもかんでもまとめて相談

相続人の確定

相続手続きを行なう場合において、必ず必要となるのは相続人の確定です。では実際に相続人の確定はどのように行なうのでしょうか?相続人を確定するためには、被相続人が生まれてから死亡するまでの連続した戸籍が必要となります。連続した戸籍?と思われる方がほとんどだと思われます。ここでいう戸籍とは、戸籍謄本(こちらは取得された方も多いと思います)、除籍謄本、改正原戸籍謄本などを指します。戸籍謄本はご存知の方も多いと思います。戸籍内全員の記録を複写した書面です。では、除籍謄本とはどのようなモノでしょうか?除籍謄本とは戸籍内にいたすべての者が婚姻や死亡などによっていなくなった戸籍謄本の事です。そして、改正原戸籍謄本とは、戸籍制度の改正によって戸籍のスタイルが変更される前の戸籍謄本の事です。この戸籍制度の改正、近年では昭和32年、平成6年に行われています。この改正の際には、すでに除籍されている人の情報は転記されないのです。よって、被相続人の最も新しい戸籍謄本には、被相続人のすべての情報が記載されているわけではないのです。戸籍謄本には記載されていない情報が、除籍謄本や改正原戸籍謄本に記載されていることがよくあります。つまり、相続人を確定するためには、戸籍謄本・除籍謄本・改正原戸籍謄本の3種類の謄本がすべて必要になるのです。 

プロにまかせて安心!!

お問い合わせ

TEL (0985) 89-3998

FAX (0985) 89-3995

MAIL    yuigon@kanekogsj.com

営業時間

  平日 9:00〜18:00

(土日祝祭日を除く)

メール、ファックス24時間受付

事務所地図

かねこ行政書士事務所 地図

対応地域

宮崎市・都城市・延岡市・日南市・小林市・日向市・串間市・西都市・えびの市・三股町・高原町・国富町・綾町・高鍋町・新富町・西米良村・木城町・川南町・都農町・門川町・諸塚村・椎葉村・美郷町・高千穂町・日之影町・五ヶ瀬町

関係団体

宮崎県中小企業家同友会
宮崎県中小企業家同友会

提携専門家